top of page

憧れの「大きな窓」の秘密

「最近の窓は高性能なので、大きくしても寒くないですよー」って、よく聞きます。



















高性能な樹脂窓や木製窓は確かに断熱性は高いです。


ですが…「断熱材」という観点で見ると少し違います。


窓の断熱性…数値的なロジックを、少し分かりやすい例えの計算して、角度を変えてみてましょう。


始めに…断熱性の高さを示すには、熱抵抗値(R値)というものがあります。


数値が高い↑ほど、断熱性能が高いですよーっと分かりやすく示したものです。


結構、寝袋とか毛布の断熱性を表すのによく見かけたりしますよね。


R値を導く為の細かい計算はここでは省きますが、


大体高性能樹脂窓のR値㎡・k/wは1.0程となります。そしてアルミ窓が0.28です。


比較として、壁に入れる一般的な断熱材(グラスウール16k100mm厚)がR値2.6程となります。 …こうしてR値で比較すると、何か見えてこないでしょうか?

つまり、一般的な断熱材の厚みが100mmでR値が2.6だと、

それはR値1.0の高性能樹脂窓を断熱材の厚みに換算してみると、約38.5mmという事になります。


そうです。


高性能な窓でさえ、一般的な断熱材(そこまで良い数字の断熱材ではありません)

と比較しても、概ね1/3程度の厚みなんですよね…


アルミ窓の場合…断熱材の厚みに換算すると、約10mmとなります。。1cmです。


考え方としては、おっきい2m×2mの正方形の窓開口に厚みたった1cm、

もしくは4cmの断熱材がはまっているだけ、と置き換える。


断熱性で考えるとそんなもんなのです。


そう考えれば、アルミ窓で大開口のおっきいリビング!

なんて考えたらとんでもない熱損失を生むわけです。


たった1cmの断熱材がのっぺり広がっているだけなのですから。


年間の光熱費が恐ろしくなるだけです。


いくら高性能な樹脂窓でも厚み40mmしかない断熱材…と置き換えれば、

窓の数や大きさも、深く考えるきっかけになると思います。


断熱は、最強なのは南側窓以外一つも無いのが最強です。


ですが、法規や生活性を考えるとあり得ません。


素敵な風景を切り取ることも、さわやかな風を入れるのも、窓が無いと出来ないですしね。


こういったところは、設計士の温熱計算の腕の見せ所になります。


とはいっても一昔前と比べ、窓の高性能化は素晴らしい進化です。


ほんとに熱損失が少ないレベルまでになってきました。


ここまで、窓の断熱性能を日々向上させてくれた企業努力に、感謝の一言ですね。


以上、すこしマニアックな話でした。


ぼそぼそ

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page