top of page

サーモグラフィ―で見る窓の性能の違い

窓には、アルミ窓・樹脂複合窓・樹脂窓・木製窓と種類があります。


最近は、そこに取り付くガラスも単板ではなく、複層ガラスやトリプルガラスとなっていて、昔と比べて断熱性能が格段に良くなりました。


建築では、窓が断熱上の弱点であり冬場は多くの熱の損失を生みます。


逆に夏場は多くの日射を室内に取り込む、という事です。


しかし、実際に窓がどれほどの日射に晒され、どれほどの熱をもっているかわかりませんよね。


今日は、窓をサーモグラフィーで比較したお話です。


窓は、設計によっては温熱的な恩恵をもたらす時もあれば、


青天井に室内を熱するヒーターにもなります。


窓2m角であれば、冬場でも直射日光が当たれば600W相当の熱を放射し続ける、いわばこたつになります。


無論、それを利用すれば、暖房など使わず冬場でも室温を上げることが出来、コントロールすれば無銭のヒーターとなります。


では逆に夏場、庇が無く日射を遮らない窓を見てみると、当然…

※9月の昼頃、アルミ樹脂複合窓のサーモグラフィーの様子(建築中の写真)


窓は42℃近い温度になっています。


赤を通り越して、白になってますね。


当然、室温はこの影響もあり35度以上、立っているだけで汗をかくレベルでした。


大事なのは、この直達日射をコントロールする設計と、使用する窓の種類。


冷暖房云々の前に、非常に大事な事ですのでしっかり考えたいですね。


そして、下記は、同じ時期で同じ時間帯の樹脂複層窓。方角は一緒で南

※9月の昼頃、樹脂複層窓のサーモグラフィーの様子(建築中の写真)


アルミ樹脂複層窓とは、枠温度で12℃差があります。


サーモグラフィーで見ると、熱の帯び方の違いが良く分かりますね。


つまり、窓の種類と日射コントロールが室温を左右します。


窓は、樹脂窓!と最近言われている理由が、このサーモグラフィーの結果です。


建物は窓と日射コントロールがしっかりしないと、温熱設計は出来ません。


冬場の窓の役割…夏の役割…しっかり目的をもって窓を使いましょう。


勿論、アルミ樹脂複合にも外部劣化に強い等良いところはありますが、


施主様の建築資金、温熱環境、メンテナンス性、意匠性、ランニングコストetc


すべてをしっかり考慮して吟味して、


窓を提案していくのが設計士の役割だと思います。


ぼそぼそ…

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page