top of page

全館空調ってどう?気を付けないと…

最近はやりの全館空調。


家全体を換気システムと冷暖房を組み合わせ、

少ない熱源で部屋中温度ムラの無い快適な空間を生み出す冷暖房システムの事です。


CMとかやってますね。


私もよく全館空調システム取り入れて設計していました。


実はこのシステム。お家の性能や吸排気口の位置をしっかり見極めないと、

増エネになることご存じでしたか…?


ただのお家に、各部屋エアコンをつけて部分間欠運転した方が、結局省エネだという事。

(間欠運転とは、エアコンのスイッチを温度によりOn・Offすることで、連続運転は付けっぱです。)


しっかりされている設計士とか、ビルダーさんはご存じのある実験があるのですが、

実験の結果では、以前の記事でお話しした、

平成28年省エネ基準(現在の日本の最新基準)である「等級4」のお家を基準として

冷暖房空調稼働をしたところ、下記のような結果となりました。


・等級4 UA値0.85


冷暖房間欠空調  5.4万/年(熱交換無し)

冷暖房連続空調 12.1万/年(熱交換無し)


・HERT20G1クラス UA値0.55(熱交換無し)


冷暖房連続空調 11万/年


・HERT20G2クラス UA値0.46


冷暖房連続空調 5.4万/年(熱交換有り)


・HERT20G2+αクラス UA値0.34


冷暖房連続空調 2.9万/年(熱交換有り) このクラスで概ね半分以下の光熱費となる。


注目したいのは…

全館空調を採用しているメーカーは、ほぼHERT20G1クラスの基準の家が多いという事。


つまり、そのクラスの家で全館空調システム取り入れている家は、

結果「増エネ」しているって事ですね。


まあ殆どは熱交換を採用しているはずなので、実質ここまでの差にはならないと思いますが、

間欠でするより結果として増エネになっているのでは、取り入れるメリット「?」になりますね…


快適のために全館空調つけたけど、性能が疎かになってしまったため結果光熱費が増えた…


本末転倒です。


そこを避けるべく先ずアドバイスとして、

全館空調の前にお家の気密断熱・換気性能の向上を目指してください。


この「性能」をしっかり設計してから、全館空調設計に移るのがベストです。


経験上、性能を向上して、室温設計して太陽高度見て換気設計して冷暖房設計して気密工事して…

っていうしっかりした流れを踏めば、全館空調じゃなくても、エアコン熱源がどこで稼働しても

快適なお家になります。


全館空調いれたいっ…て施主さんが増えてきて、「その前に大事なところを…」って会話が

割と最近増えました。


他にも機械自体10年位で壊れる・メンテナンスコスト等側面で、もっと責任もってお話ししないと、

10~15年後大変な事になると思うんですけどね…


全館空調入れる=快適の内部構図をしっかり解説してCMとか広告とかやらないと、

ダメなのでは…


イニシャルコストも高いのに、増エネ促進してどうするの…と思う事が多い今日この頃です。


ぼそぼそ…

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page