top of page

高断熱なら寒くない?

家の中で年がら年中どこでも室温が23℃位あったら、めちゃくちゃ幸せじゃないですか?


お風呂を出て寒いっ・・も無ければ朝起きて、さぶい・・も無い。


住宅を高性能化すれば、それらも無くなるわけですね。


しかし…ただ高断熱化して、気密化して~ってやるだけでは実は上記現象は平気で起こります。


もう一つ、「太陽に素直な設計」が出来ていなければいけません。
















はしっかり太陽を窓から取り入れ室内を暖め、はしっかり太陽を遮る

これこそが高性能住宅をつくる必須条件です。


そうすれば、高断熱であれば室温をキープできるようになります。


あとは、エアコンや季節によって通風・熱交換換気システムで温湿度をコントロールしてあげれば良いだけです。


だから、月ごとの太陽の角度・土地の方位・近隣の影の動きが土地を調査した際最も重要なのです。


では、窓と太陽の重要性を、冬を例に計算してみてみましょう。


条件として室温23℃を生み出したいと考えるとしましょう。


外は寒ーい真冬の0℃だと仮定すると、室内との「温度差」は23℃となりますよね。


ここからちょっと難しいかもしれませんが、ロジカルにお話しします。


窓を含め、熱の伝えやすさには熱貫流率(U値)というものがあります。


数値が低いほど断熱性能が高く熱を伝えにくいですよーと分かりやすく示したものです。


U値を導く為の細かい計算は省きますが、


大体高性能樹脂窓のU値W/㎡・kは、1~1.7くらいになります。


ではそれを踏まえ、窓から入ってくる熱量を計算してみましょう。


U値は1.7、昼間太陽に向けた窓の面積を20㎡(一般的な掃き出し窓×4面)、室内外の温度差は23℃。

すると1.7×20×(23-0)=782W/h となります。

(ホントはもっと、ガラスの日射取得何%~とか色々条件を考慮して計算しますが今回は省きます)


つまり、この窓4面から1時間当たり782Wの熱が、室内に入ってくるという意味です。


…と言われても。。分かりやすく例えると、


炬燵、ありますよね。あれ1台が発する熱量が概ね600W/h(コタツ1個分)ぐらいです。


つまり、あのポカポカ熱量が窓から室内に、ガンガン入ってくるわけです。


私たちは「ダイレクトゲイン」と呼んでいます。


左は現場のサーモ画像

アルミ樹脂サッシ


12月の昼頃撮影
















太陽に素直でいればもう無料のヒーターがそこについてるわけで、

室温を23℃目指して暖め続けます。


これ、お金に換算したら、リビングを23℃にする熱量として6時間程同じ熱を与え続けるとしたら、

1日¥120かかります。


つまり光熱費¥3720/月 分かかる室内を暖める装置が無料で使えるってことですね。。すごい。


そう考えると、太陽と窓の重要性が分かりますよね。


















だから、高断熱化しても窓からの太陽の恩恵を受けない限り、室温は寒いままなのです。


夏に関してはその逆で、遮ってあげればいいですよね。


…エアコンガンガン使いますからいいです、って人はそれでいいですが、

無料で室内暖められるなら方が良くないですか?


高断熱化しても、窓を「太陽に素直に設計」しないと、大きな恩恵を受けれないってことですね。


補足ですが、じゃあ「大きければ大きいほど窓は良いよね?」って考えになりがちですが、


そうもいきません。


このダイレクトゲイン…面白い実験があって、

南面を端から端まで目一杯大開口窓にしたら、青天井のように最高室温が上がり続けたって話。


放っておいたら、室温は40℃位まで上がります…


つまり、窓の大きさも「バランス」。


室温設計が出来なければ、適切な大きさも解らないという事なんですね。


以上、窓のお話でした。


ぼそぼそ

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page