top of page

必ず取ろう「耐震等級3」

よく施主さんと話していると、「耐震等級?メリットあるの?」と聞かれることがあります。


耐震等級は1~3等級あり、平成12年に基準が出来ました。


最高は3で「震度6~7の大地震の1.5倍の揺れでも倒壊・崩壊しない」レベルとなっています。



















ホームズ君木構造HPより引用


その等級も、もう20年以上前に制定された話なんですよね。


実態としては、耐震等級3取得住宅は、被害が少なくかなり優秀なので基準として安心です。


では、3等級取得のメリットは「安心」の他には、どんな内容なのでしょうか。


多くの方は主に、生涯地震保険料が50%割引になる。といったお話をされるでしょう。


でも、地震保険って、保険料が割引かれるのに加え、他にも安心なことが沢山あります。


例えば、「地震による」火災被害。これは、火災保険では実は補えません。


他にも、「地震により」隣地建物が倒壊したことによるもらい被害、

津波・洪水による倒壊・火災、家財の被害、

そして、税の面では所得・住民税の控除が受けられます。


万が一被災しても、住宅ローンは控除もされませんし、残債のみが残るのも不安ですよね。


公的支援が、万が一の時はあるから大丈夫…と言っても、

最大金額は数百万円程度ですし、なんせ「絶対」の無い自然災害相手の支援です。


被災後の生活の再建も苦しくなる事も考えると、やはり加入はしておいた方が良いと思います。


そもそも、地震大国である日本で耐震等級3を取得しない選択肢は、私は「無い」と考えています。


地震に安心・安全・強い!、これは、耐震等級3を取得していなければ心許ない言葉です。


何故か…そもそも絶対守るべき建築基準法の耐震基準(昭和56年の基準)って、

大地震では「倒壊・崩壊」は想定されていないんです。


つまり、「お家倒れはしないけども、傾いたり壊れはする…」ってことです。


これって、「生命を守る」って意味では法律は合ってるんでしょうけど、


その後の事が考慮されていません。


これが、いわゆる耐震等級1に当たります。


耐震等級3は、この基準の1.5倍の大地震でさえ連続して起きても耐えうる事が出来るもの、

とされています。


最近ですと、熊本の益城町の震度7の大地震。


あれを数回受けても軽度な被害程度で済む方が、

安心じゃないですか?少しのリペアで復帰できる訳ですから。


実際に、倒壊・半壊が35,000棟を超える中、耐震等級3での倒壊は0件でした。


では他に、耐震等級3を取得すると良い事はなんなのでしょうか?


まず、住宅の気密性が上がります。


耐震向上させるために建物をガッチガチに造るので、都度起こる地震による、

建物の「隙間」が、生涯生じにくくなります。


それにより、経年による建物の隙間が生じにくくなりますから、その点有効です。


気密断熱住宅には、耐震等級は必須ですね。


他にも、等級を取得しようとする事で、

「第三者による耐震の現場検査、設計図面上の審査」が入ります。


設計者の考えだけによらず、第三者のチェックが入るためより安心ですね。


プラスアルファでお話しすると、耐震等級3を取得するためには「構造計算」をする方が良いです。


















構造計算をせずとも耐震等級3を取得する術はあるのですが、よりその方が安全ですし、

なんせ経済的です。


構造計算により細かく計算をすることで、無駄な材料がかなり減ります。


例えば、基礎の鉄筋の本数や太さ、コンクリートの量、

梁の大きさや柱の本数もコストカット出来ます。


細かく計算することで、力のかかっていない部分等が分かるので、

無駄に構造材を太く大きくせずに済むからです。


構造計算は概ね23万位費用が掛かりますが、材料の大きさや本数が減れば、

そのコストカット分かなり補填できます。


生涯の安心安全と、気密と、余計な材料費をコストカットする為の投資って考えても、


構造計算はやった方が良いです。


ちなみに、構造計算とかやって当たり前でしょ?とか思わないでください。


現状、ほぼ。2階建て住宅はやっていません。


寧ろ、「義務」なのにも関わらず、法を読み違えて耐震の計算・検討さえやっていないで

設計する人が、結構おります。なので、外注を受けているとたまに衝撃を受けます。


折角の一生に一度のお家づくり、コストを抑えながら安心安全なもの、造りたくはないでしょうか?


ぼそぼそ

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page