top of page

「 Koharubi-lab.」concept

11~12月頃,″春のように穏やかな陽気″の時に「小春日和」という言葉を使いますね。

四季を感じる日本らしい素敵な言葉だと思います。

一時でもその温もり・暖かさは、心身を健康に導き穏やかな気持ちにさせてくれます。

さて、本題ですが、日本の住宅は性能面にフォーカスすると、欧州各国から大きく遅れ、中国でさえも先を進む状況があります。

特に断熱性を見ると、ドイツを例に何十年も劣っている現状です。

令和という未来の時代…省エネ法改正やSDGsが謳われても依然世界の足下に及んでいない…

地球温暖化が叫ばれる昨今、到底今後の環境変化・未曽有の災害に現在の住まいは対処出来ないのではないかと感じます。

あくまで「法」は‟最低限度”であり、その対応は各々に任せられている現状…

少なくとも、私の周りでは不快な温湿度環境の住まいを減らし、より健やかにご家族が生涯過ごせる環境を提供したいと考えています。

「健やかさ・安心・安全・快適・経済面」これら"豊かさ"を生む要素は必ず線で繋がっていて、

これらを叶えた「温もり」に包まれた住まいを提供したい、という想いが「koharubi」には込められています。

テーブル&チェアのトップビュー
テーブル&チェアのトップビュー

「Koharubi-lab.」Purpose

「住まいをつくる」とは一筋縄ではいかず、

プロと施主どちらかの知識が欠落した時点で

良い住まいは生まれません。

少なくとも現状プロ一辺倒の傾向が強いです。

しかし、それがホントに正しいか…わからないと思います。

正確な情報や見極めるべき知識を

「強・用・美」をコンセプトに施主側に的確に提案。

良い商材、悪い商材をはっきりと見極め提案します。

世の中は「数値」による建築が流行りですが、

大事なのは細かな数値ではなく体感です。

どうすれば室温18℃を維持できるのか…

どうすれば耐震性をコストアップせず上げられるのか等…

koharubi-lab.はそこへ迷わず導きます。

気密断熱換気を徹底して計画

koharubi-lab.の設計する住宅は、全棟気密断熱住宅。

家中どこにいても最低室温が18℃を下回らない

快適な住空間設計をご提案します。

これまでの様々な設計施工経験から、建築予算をみながら

「良い塩梅」で

気密断熱計画・換気や結露対策・冷暖房計画を設計。

家計にも身体にも優しい「用」を徹底追及した住まいを、

一棟一棟丁寧に造り上げます。

ホワイトソファー
家族
モダンなキッチン

​フルオーダーだからこそ、丁寧に

日差しを上手く使えない家

湿度が高く、カビが生える家

夏場暑くて家に居られないような家

冬場寒くて暖房代がかさむ家

家事同線が複雑な家

​注文住宅で建てたのに...

太陽を利用し省エネで一年中快適な温湿度の工夫

地震に強く歪みづらい、隙間の出来にくい工夫

小さなお子様にも安心な自然素材を適所取り入れる工夫

​ランニングコストを抑え維持管理しやすい工夫…

いろんな工夫​

あらゆるノウハウで理想の形をそのままに、

より良い家づくりをサポートいたします。

「強・用・美」への想い

koharubi-lab.では、コンセプトに忠実に建築を追及します。

            標準的な内容を抜粋

「強」… 全棟最高の耐震等級3・耐風2の超耐震構造

     全棟偏心率0.15以下を目指すブレない建物の軸設計

     許容応力度計算による構造のシンプル化&無駄の無い横架計画

「用」… 豊富な経験より厳選した断熱・気密施工の提案

     全棟室温設計・光熱費シュミレーションの提案

     全棟Q値1.0前後・竣工時C値0.5以下の気密断熱設計

     体に優しく手間の無い白蟻対策・換気システムの提案

「美」… ランニングコストを考慮しメンテナンス性を意識した商材・外観の提案

     修繕性を考えた細部に至るまでの緻密な設計

    etc...

​まだまだ当たり前ではない技術を「当たり前に行います

1棟1棟大切に思うからこそ、全力を尽くします。

テーブル&チェアのトップビュー
PC170003_edited.jpg

「Koharubi-lab.」は造るだけではない

「koharubi-lab.」は新築をするだけではなく、

リフォームや古家の調査、断熱の調査や新築の調査も行っています。

新築だけではなく古家の状況調査や第三者として建物調査もしているので、

「造る」以外の目線や技術が有ります。

新築だけではない建築を見ているので、

そのノウハウを新築に活かせる強みがあります。

更に「koharubi-lab.」は、基本外注を一切しません。

多くの建設会社は、外注が必ず入っています。

構造計算や申請、図書の作成、現場監理を全て一人で完結します。

その分の外注費用は徹底的にカット、また構造も一人で設計するため、

​余計な構造材費をカットし、お施主様に還元できる体制としています。

bottom of page